カテゴリー
海外動画の紹介(和訳)

動画和訳「適切なレイズ額について」

こんにちは!Tomoです。

今回はレイズするときってどのぐらいの額をベットすればいいの??という疑問を解決してくれる動画を紹介します!

▼How Much Should You Raise?

お馴染みのダニエル・ネグラヌ先生ですね。

それでは見ていきましょう!

和訳

この動画を見ているということは、あなたはすでに良いハンドと悪いハンドを区別できるレベルかと思います。

次の課題は、どれだけベットし、どれだけレイズすべきかということを学ぶ必要があります。

考えられる方法はいくつかあります。

一昔前は、プリフロップでの標準レイズ額は、ブラインドが50/100の場合、300または400、500程でした。

ところが直近の10年間で、私も含めて多くのプレイヤーが2.5BB程度でレイズするようになりました。


初心者の方にオススメなのは大きめにレイズすることです。小さくベットしていく戦法は、フロップ後にどのようにプレイすべきかを知っているときに機能します。


しかし、フロップ後のプレイが満足にできなかったり、ベット額が分からない場合はプリフロップで少額ベットを行うと、その後のプレイが難しくなります。

プリフロップ前にポットを勝ち取りたい場合は、大きくベットして相手がディフェンスするための代償を払わせましょう。

BBの2倍しかベットしなければ、ビッグブラインドは多くのハンドでコールしてきます。

K4オフスーツのようなハンドなら4BBでレイズしてもいいかもしれません。ミニレイズすると相手にエクスプロイトされます。

初心者または中級者であれば、ハンドレンジを少し絞りましょう。


そうやって大きなレイズを行うことで、対戦相手に圧力をかけることができます。



考えるべきもう一つのことは、レイズのサイズを変えることは基本的には良いプレイではないということです。


どんなハンドでもレイズするときは2.5bbベットします。

ただし、厄介なプレイヤーがビッグブラインドにいるとして、その彼にフロップを見せたいですか?

普通は嫌ですよね?



このようなプレイヤーに対しては少しレイズ額を増やしても良いでしょう。

他のプレイヤーにはミニレイズか2.5BBレイズなのに、彼に対しては、3BB4BBでレイズしてやるのです!



これを行うときに注意すべきことは、ハンドによってレイズ額を変えないことです。

さもないと、その厄介なプレイヤーにエクスプロイトされます。



ビッグブラインドは対抗するかもしれませんが、レイズ額を大きくすることでその代償を支払わせましょう!



ベットサイジングに関してあなたに伝えたい最後のヒントはこれです。

自分のスタックが少なくなったとき次の2つのいずれかを実行してください。

ベットのサイズを大きくするか、少なくしてください。

つまり、オールインするか、後のストリートのためにベット額を少なくするということです。



スタックの30%を賭けて、フォールドするのは良くありません。


ショートスタックでベットしたいけどオールインは嫌だというときは10%〜15%、MAXでも20%ぐらいでベットしましょう。



スタックの30%〜40%のベットよりはオールインしたほうがいいです。



例えば、あるプレーヤーがボタンでレイズし、あなたはスモールブラインドにいて、AJでした。

あなたは20BB持っています。


相手は2.5BBをベットしました。あなたは5~6BBベットして、14BBは残そうとしています。



何のために?



相手が22でオールインします。あなたはコールせざるを得ず、オールインするでしょう。

そして相手の22に屈することになります。



これは「チキン」ゲームのようなものです。誰よりも早くスタックを増やしたいなら適切な額をベットする必要があります。

ボットコミットしているとき、あなたのCbetやレイズの平均ベット額よりもスタックが下回る場合はオールインです。



全てのストリートで少額ベットし続ける、あるいはオールイン。



簡単でしょう?またね!

感想

いかがでしたでしょうか。

まとめると、

①(初心者向け)レイズ額を大きめにすることでフロップで戦いやすくする。

②厄介なプレイヤーが相手の時は大きめにレイズ。その際、ハンドによってレイズ額を変えてはいけない。

③ショートスタックの時は、オールインか少額ベット(レイズ)にする。


がレイズするときのポイントでした!

③についてですが、ライブポーカーだと自分のスタック量を間違えて、微妙な額のスタックを残してしまうミスをよくやってしまいます、、

ダニエル先生の教えを守り、適切な額でレイズしましょう!

それではまた次回!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です